大型特殊免許の魅力【大型車の運転ができる免許】

初心者マーク

短期間で免許取得ができる

免許合宿は、自動車学校に通学するよりも短期間で効率良く卒業することができます。費用の面でも、教習費用の他に宿泊費や食費も含まれており、追加教習代もかからないため、自動車学校に通学するよりも安いというのがおすすめの点です。

詳しく見る

標識

注意点もあります

免許合宿は、短期間で免許取得が可能になるのが最大の特徴です。教習所に比べると期間だでなく、料金も安いため学生にも人気です。しかし、短期間と言っても数週間の期間を要するので、前もってしっかりと休みを確保しておかなければなりません。

詳しく見る

教習所

工事用車両に必要な免許

大型特殊免許とは工事用車両や、農作業用の車両を運転する為に必要な免許です。18歳以上ならば、誰でも免許を取ることが出来ます。ただ大型特殊免許の他に作業を行う為の、作業免許が必要となるので自分に合った免許取得をおすすめします。

詳しく見る

大特免許を安く取得

免許証

合宿で取れる

大型特殊免許と言えば、ブルドーザーやクレーン車、フォークリフトなどの重機の運転ができるとイメージする人が多いでしょう。確かに重機の運転はできますが、大型特殊免許は特殊車の中でも大型車の運転ができる免許です。大型特殊車両は主に建設現場で活躍する免許です。大量の土砂の搬送や重量物の搬送、整地、掘削、吊り上げ、運搬などで大きな役割を果たします。大型特殊免許は一般的に自動車学校で取得するのですが、試験場で取得する方法もあります。ただし、教習を受けずに一発試験となりますので、運転経験がない場合、合格率は低いですので、費用が嵩むこともあるでしょう。近年、燃料代の高騰や設備投資の増加、人件費アップなどの問題を抱え、少子高齢化が進む日本で、自動車学校に通う人口も減少し、自動車学校の経営を押す問題にも発展しています。そのためか、年々取得費用が高くなっており、普通免許の場合1990年に20万以下だった免許取得費用も30万円を超え、10万円以上も値上げされています。大型特殊免許のような特殊な免許を取得している人は職場で即戦力となるため、比較的簡単に取れるこの免許の取得希望者も多くなっていますが、問題としてあるのが取得費用です。普通免許をお値打ちに取得するには合宿免許という方法がありますが、合宿免許は大型特殊免許でもあります。合宿免許であれば短期で集中して取得が可能で費用もお値打ちとなります。合宿取得であれば教習後に同じ仲間とのアクティビティを楽しむこともできます。

Copyright© 2018 大型特殊免許の魅力【大型車の運転ができる免許】 All Rights Reserved.