大型特殊免許の魅力【大型車の運転ができる免許】

工事用車両に必要な免許

教習所

特殊な車を走らせるには

クレーン車やブルドーザーやショベルカーなどの工事用の車や、除雪車や路面清掃車などの作業用の車や農作業用のトラクターなどの運転に必要なのが大型特殊免許です。建設関係や農業の仕事を行う人には必須ともいえる、大型特殊免許取得について説明します。大型特殊免許を取得する為には指定の自動車教習所での取得と、運転免許試験場での直接受験の2つの方法があります。2つの取得方法のうち免許取得後にスムーズに作業を行う為に、指定の自動車教習所で基本的な運転技術を取得するという人が多いです。大型特殊免許取得は、18歳以上の人なら誰でも取得することが可能です。また取得の条件として、視力などの条件も普通免許と同じで取得しやすい免許といえます。自動車教習所での取得では学科で22時間、技能で12時間の教習が必要となります。しかしすでに自動車普通免許を取得している人ならば、学科は免除されるので大幅に取得日数を短くすることも可能です。大型特殊免許を取得することで仕事の幅も大きく広がる為、興味があるという人や仕事で必要だという人は免許取得を検討してみてはいかがですか。大型特殊免許を持っていると、小型特殊自動車の運転をすることも出来ます。一つ注意点として大型特殊免許を取得していても、操作する為の作業免許は別に必要となるので免許取得の際はそのあたりも考慮して、自分の仕事内容に合った作業免許取得を検討されることをおすすめします。

Copyright© 2018 大型特殊免許の魅力【大型車の運転ができる免許】 All Rights Reserved.