大型特殊免許の魅力【大型車の運転ができる免許】

短期集中で取得

ドライバー

ATなら最短14日

自動車の運転免許を取得するためには、一般的に自動車学校を卒業して運転免許センターで試験を受け合格することで取得できます。自動車学校での教習の受け方ですが、通学タイプ、そして免許合宿タイプがあります。通学で教習所へ通うメリットですが、自分でのペースで教習を進めていくことができることです。入校した日から9ヶ月以内が期限なので、自分の都合よい日にちや時間を選べます。しかし、春休みや夏休みなど学生で混み合う季節は、技能教習の予約がなかなか入れられないことがあります。せっかく時間は空いているのにキャンセル待ちをしなければならないこともあります。その点、免許合宿ですが短期間で取得できることがおすすめです。あらかじめカリキュラムが決められており、自分で技能教習の予約をしなくてもいいので最短でAT車なら2週間程度で取得できます。その他にもおすすめな理由としては、観光気分で教習が受けられることです。免許合宿を行う教習所は観光地近くにあることが多いので、教習が終わったら同世代の人たちと食事に行ったり、教習が無い日は遊びに行くこともできます。料金面でもメリットがあり、通学よりも免許合宿の方が安いのです。宿泊料金が込みであるにも関わらず安い理由としては、短期間で卒業してくれるので新しい生徒迎えやすく、コストもかかりませんから安くすることができるのでおすすめなのです。通学は、自分でスケジュール管理ができないと卒業がダラダラの延びていってしまいます。短期間でスピード取得するなら免許合宿がおすすめです。

Copyright© 2018 大型特殊免許の魅力【大型車の運転ができる免許】 All Rights Reserved.